怪我と趣味について

右脚を内転させると脚の付け根に嫌な痛みがはしる。日常生活に支障が出るほど痛むわけではないけど、それでも思うように走ることはできないし、ハイステップでホールドに乗り込むこともできない。少しでも内転筋に力が入ると、ぴきっと脚に痛みがはしる。

いつ痛めたのか正確なタイミングはわからないが、痛み始めてだいたい1ヶ月ほどが経った。それまでは気持ちよく毎朝走って(ちょうど走り始めて1ヶ月くらいだった)週に2日、3日のペースでボルダリンジムに通っていた。クライミングのために少しでも体を軽くしようと思って、そこそこに厳しく糖質を制限して、朝に5キロほどのランニングを続けた成果が出始めて、人生最高体重だった体がしぼみ始めた頃だった。

去年は5月にハムストリングスの肉離れをおこし、完治するまでに3ヶ月かかった。その後、9月半ばに左足首を捻挫して12月末まで自由に体を動かすことができなかった。どちらもクライミング中の怪我だった。

年が明けてから足の様子を見つつまたクライミングを始めた。今年は怪我なく続けることが目標だった。無理せず、楽しめるレベルで課題と向き合うこと。ある程度登れるようになったら外岩に行く計画も立てていた。

しかし続けていると自ずと強くなっていくもので、するとふつふつと欲が出始める。もう少し痩せれば1グレード上げれるんじゃないか。そう思って糖質を断って、ランニングを始めた。

走り始めて1ヶ月ほどで体は軽くなって、確かに前より登れそうな、そういう感覚を掴みはじめた時だった。きっと気持ちが舞い上がっていたんだと思う(そういう時は往々にして痛みを感じなかったりする、経験則として)。年始めに立てた目標は頭の隅に追いやって、自分の限界グレードを追いかけてしまったのだろう。まぁよくあることだ。

体が硬いことは重々承知していた。特に右脚の股関節が絶望的に硬い(もちろん左足も硬いけど、右脚ほどではない)。足の裏をつけて行うストレッチなんて座っているのがやっとで、気を抜いたら後ろに転がりそうになる。だから毎晩風呂上がりに、30分ほどかけて下半身を中心にストレッチはやっていた。気持ち程度柔らかくなった気もする。いや気のせいかもしれない。とにかく硬いのだ。どこもかしこもピンと張っていて、それ以上伸ばすとプツンと切れてしまいそうな、そういう硬さ。だから怪我をするもの必然だったのだろう。

10代、20代の頃は怪我をしても1ヶ月くらいで治ったような記憶がある。そもそも怪我をしなかったかもしれない。その頃はもしかしたら今より幾分か柔軟性があったかもしれない。もちろん筋力もあった。無理もきいた。

ここ2年間は多くの時間を怪我持ちで過ごした。そのほとんどが趣味のクライミングが原因。

体を動かすことは楽しい。日々のストレスは体を動かすことで忘れることができる。特にクライミングは最高だった。登っていればだいたいのことは意識の外にいってしまう。一人で目の前の課題と向き合う時間は贅沢な時間だった。
もちろん誰かと一緒に登る時間も最高に楽しい。僕は人見知りだけど、壁を前にすると普段に比べてずいぶんと話すことができた。あーでもない、こーでもないと、一緒になって同じ課題に打ち込んでいると、いつの間にか仲良くなれた。

まだ30前半。ちょっと諦めるには早くないかと思う。まだやればできる気もする。しかしどれだけ気をつけても、きっとまた怪我をして、数ヶ月じーっと治るのを待つことになるだろう。待つことに疲れた。楽しい時間からの落差が余計にそう思わせるのかもしれない。

これからも月に1度くらいは登ろうかと思う。だけどもう、週に何度もジムに通うのはやめる。もう夢中になって壁に向かわないのかと思うとけっこう寂しかったりもするけど、運動は他にもある。    幸いダイエット目的で始めたランニングが楽しかった(もちろん今は走ることはできないけど)。脚が治ったら、もう少し真剣に走ってみようと思う。

グルタミンはじめました

f:id:takuwolog:20171110231806p:plain

高校生ぶりにプロテインを飲み始めた。
プロテインと言えばムキムキな筋肉を思い浮かべがちだけど、筋肉を肥大させるだけがプロテインではないらしい。

二十歳を過ぎたあたりから慢性扁桃炎に悩まされていて、少しでも体調が悪くなるとそのまま扁桃炎になって何日も寝込むことが多々あり、どうにかしたいなと思っていた。 基礎代謝が高ければ免疫力も向上するだろうと、いろいろ運動を頑張ってはいるつもりだけど特に効果は得られてない。そもそもムキムキになってないし。
そこでジムのスタッフに相談したところ、グルタミンが免疫力向上に良いと教えもらった。

効果がすぐに出るとは思えないから、とりあえず3ヶ月くらい続けてみることにする。

グルタミンには、筋肉の分解抑制、消化管機能のサポート、免疫力向上、傷の修復などに効果があると言われています。
グルタミンは筋トレの味方!効果や摂取タイミングについて | POWER PRODUCTION MAGAZINE(パワープロダクションマガジン)

エアロバイクダイエット

f:id:takuwolog:20171103012209p:plain

太ってきたのに捻挫で走れないから、最近はエアロバイクダイエットをはじめた。
西京極運動公園にある京都アクアリーナには1回510円で利用できるトレーニングルームがあって、最近はそこへ行ってる。

普通にジムに行くとなると定額制の月会費を払わないといけない。しばらく捻挫が完治しそうにないから会員になってもいいけど、登録手続きが必要で少し面倒だし、そもそもエアロバイクがそんなに面白くないから、いつまで続くかわからないものにそこそこの月会費を払うのはちょっと気が引ける。

その点アクアリーナの1回づつお金を払って利用できるトレーニングルームは調子がいい。大型のジムに比べたらトレーニングルームはそんなに広くないけど、人が多くないからスムーズにエアロバイクに乗ることができる。ダンベルなどを使うウエイトトレーニング系の器具は少し混んでるけど(屈強な人がいっぱいいる)それ以外はそうでもない。と言うか、エアロバイクが人気がないっぽい。

エアロバイクはほとんど足首に付加をかけずに、30~40分の有酸素運動ができるのが良い。個人的にはランニングに比べて脈拍を上げてトレーニングしてもそこまできつくなくて(脇腹が痛くならない)いい感じに自分を追い込めるのも気に入ってる。ただ追い込みすぎるとポッドキャストを聞いたり、本や気になったネットの記事を読むことはできなくて、ゼーゼーハーハーいいながらペダルをまわすだけになる。ゼーハー言っているとものすごい汗をかくので(体感的にはランニングより発汗量が多い)イヤホンは付けて音楽は聞いてないない。トレーニングルームには音楽が流れてるので特に必要ないと思っている。今日はミニモニが流れてて何とも言えない気持ちになったけど…(懐メロが多い気がする)。

ただエアロバイクはトレーニングって感じで、それ自体にはそんなに面白さが見いだせてない。なのでいつまで続くかわからないけど、今のところ大量に汗をかける運動がこれくらいしか思いつかないので、しばらく続けてみようと思う。

捻挫の経過

f:id:takuwolog:20171101011935p:plain

やっと早歩きくらいはできるようになってきた。
まだ走ることはできないし、もちろんボルダリングなんてもってのほかなんだけど、でも改めて自由に歩けるって便利だなって思いながら生活してる。

歩けるようになるまでは、会社に行く以外はほとんど家にこもりっぱなしの生活で、休日はどこにも行けないから妻の機嫌が悪くなって、申し訳なさと、情けなさで厳しい状況だった。なんとか歩けるようになってからは近くのイオンモールまで自転車で行って(自転車に乗ってる時は足が痛くない)モール内をものすごくゆっくり歩いて買い物した。この時改めてイオンモールの広さを実感したと共にその広さを呪った。なにより食事処が何軒もあることに困った。何食べようかと迷って店の前まで行くのも一苦労だった。

通勤は自転車なのでなんとかなってたんだけど、雨の日が大変だった。これまで雨の日は地下鉄に乗っていたんだけど、最寄りの地下鉄までは歩いて20分くらいかかる。なので雨の日はバスに乗ることにした。京都のバスは路線によってはすごく混んでるし、時間通りに来ない&進まないこともあって、すっとバスを避けて生活してたんだけど、そうも言ってられない状況になって、捻挫を期によく乗るようになった。それでバスのいいところもわかったので、この事はまた別に書こうと思う。

この前の週末に京都アクアリーナ(西京極運動公園内の屋内プールがある施設)にあるトレーニングルームで自転車をこいできた。久しぶりに滝のような汗がかけた。僕は運動するとすごく満足感を抱くから、積極的に運動を生活に組み込みたいと思っている。早く走れるようになりたい。

捻挫した

f:id:takuwolog:20170921233250p:plain

中学生ぶりくらいに足首を捻挫した。痛い!!捻挫ってこんなに痛かったっけ…。
昨日の夜に捻挫して、今日は病院で診察してもらったんだけど、思った通り捻挫だった。症状としてはそんなに酷くないらしく、2〜3週間で完治するらしい。それでもくるぶしの辺りはけっこう腫れて、凹凸がなくなって足がのっぺりしてる。
そして歩くとめっちゃ痛くい!!特に昨日の夜は酷くって、トイレには這って行ってた。正直こんなに痛いとは思ってもみなかった。今日は会社から帰ってくるのもやむを得ずタクシーを使ったので治療費と合わせて出費がかさんだ。
明日からはガチガチにテーピングして、さらにサポーターを付けて過ごそう。とりあえずまともに歩けるようになりたい。