読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルダリングを初めて2ヶ月経ちました

このブログ1年以上放置しててどう活用しようかと思ってたけど、6月くらいから始めたボルダリングが楽しすぎるのでボルダリング成長期を記していくことにする。

ボルダリングを本格的にやり始めたのは今年の6月からだけど、中学生時代にリードクライミングを少しかじっている。中学時代はスキー部に所属していてオフシーズンのトレーニングの一環としてリードクライミングが取り入れられていた。もう15年以上も前のことだけど、部員の中でも決して上手なほうではなかったと記憶している。現に今、ボルダリングをやっていても上手くはない。

2ヶ月続けてみて実感するのは重心移動が絶望的に下手だとういうこと。今は頑張って身体を手で引き上げていている状態でよくない。もちろんグレードが上がればそういう動きも必要ではあると思うが、基本的には脚で登っていくスポーツなので、脚で登るために重心の置き所が大切になる。しかしこれが本当に下手で、脚で登る感覚をつかめない。当面の課題は爪先にしっかり乗って脚で登る感覚をつかむこと。基礎は大切なのでこれがちゃんとできるまではひたすら反復して感覚をつかみたい。